ビジネス・企業・専門職向けWEB制作・システム開発

- あなたには当方を選ぶ合理的な理由があります。-

WEB制作を依頼する時のポイント

海のものとも山のものとも分からない、大量のWEB制作会社がある時代、どこを選べばいいのでしょうか。

ポイント1.WEB制作の値段

いくらWEB制作会社の間で、値段を比較しても意味はありません。
WEB制作会社は営業費用、事務員費用、経営者の報酬金の他、OA機器やオフィスなどの費用、 また、
エンジニアやデザイナーの中でも、働いていない人の費用も支払わなくてはなりません。
結局、WEB製作費の中は膨大な無駄な費用が入っており、どこを選んでも割高になります。

解決策

本来、WEB制作はオーダーメイドつくられるもので、大量生産されるべきものではありません。
すなわち、会社ではなく、”理想をいえば”、1対1で請け負える技術者、つまり、
幅広い経験と知識と実力のある、 良心的なフリーランスに依頼することです。
力関係でもあなたが上になるわけですから、多少の我儘も聞いてくれます。

ポイント2.プロフェッショナルなWEBサイト?

プロフェッショナルなサイトの意味はわかりますか? デコレーションケーキのように情報や 画像で飾りたてることではありません。
しかし、ビジュアル系のWEBデザイナーほど自己満足的な、訪問者の意図を考えない、 役に立たないサイトを作りがちです。
ビジネス向けのサイトの目的はコンバージョン であり、サイトのデザインそのためにあります。そのためにはキチンとしたWEBの調査・研究・技術を踏まえた、 統一性のあるデザインでかつ、心理学的に計算されたデザイン でなければなりません。もちろん、様々なWEB技術を クリアしている必要があります。

解決策

コンピュータやWEBの技術・デザイン・認知心理学的知識など全て備えた、 言語センスももったWEB制作者に依頼するべきです。できれば、情報処理の資格だけでなく、 心理学の修士持ったフリーランスが望ましいでしょう。

ポイント3.WEBシステムの必要性

すぐれたWEBサービスはリピータを増やし、ライバルに差をつける重要な要素です。
例えば、レストランやホテルは予約サービスがなければ、サイトの価値が低くなってしまいます。
それは、つまり、もし、あなたのWEBサイトが何のサービスもしなければ、 訪問客はあなたのライバルである別のサイトのリピーターになる可能性があります。
しかし、WEBシステムを制作会社に依頼すると、しばしば、驚愕するような高額の見積もりを提示されます。
たしかに、キチンとした問い合わせシステムは、1ページのホームページを作成するよりもはるかに時間も手間 もかかります。しかし、DB設計だけで基本料金が20万円というのは首をかしげてしまいます。

解決策

まず、データベースやITネットワークの経験に富んだ、そして、 きちんとしたシステムのフレームワーク をすでに持っているフリーランスに依頼することです。
そういった人は、すでに持っているシステムをあなた向けに調整するだけで、あなたのサイトが WEBサービスを使えるようにするでしょう。それははるかにコストが安く済みます。

ポイント4.WEBサイトの集客力

SEO(検索エンジン最適化)によってGoogleやYahooの検索ページの上位にいくことは重要です。 しかし、それだけでは全くだめです。
現在ではほとんどのWEB制作会社はそれなりのSEO対策をやっています。すでに、検索上位のサイトは SEO対策をやっていると思われるので、そこに食い込むためにニッチなキーワードを設定したりしています。
しかし、例えば、お金を払ってGoogle AdWordに載せたとしても、どれほどの コンバージョンが望めるでしょうか?統計では熟達したサイトでも平均で訪問者の98%は帰ってしまいます。 ましてや、普通のサイトなら、1%に満たないでしょう。 SEO対策の他にそれを活かすコンバージョン対策が必要です

解決策

SEO対策と同時にきちんとしたコンバージョン対策をしてくれるWEB制作者を探すことです。 それには、ユーザービリティクレディビリティに習熟したWEB制作者に依頼する必要が あります。

ポイント5.WEBサイトのドキュメンテーション

具体的にどのようなサイトができるかイメージがわかないのに、いきりなり何10万円も 払うのは、無謀というものです。 そこで、サンプル画面や仕様書が必要になるのですが、WEB制作会社によっては、 サンプル画面をつくる前に契約やコンサルティング料金を請求する場合があります。
しかし、マンションを買う時も部屋を忠実に見せているモデルルームを見ずして、 購入することはないと思います。

解決策

必ず、契約前に、要件定義書またはサンプル画面+ページ構成+ページ機能説明書 を無料で提出させるべきでしょう。とはいえ、ほとんどのWEB制作会社はそれだけでも コストがかかるのでそれを嫌がります。つまり、コストがかかるオーダーメイドなWEB制作は 企業がやるには無理があるのです。

ポイント6.WEBサイトのサポート

WEB制作後のサポートやフォローアップは重要な要素です。
まず、マンションに管理費が必要なように、WEB制作後はサーバー費用やメンテナンス ・サポート費用がかかります。しかし、多くのWEB制作会社では月額管理費が決まっており、 値段も3500円から2万円、あるいは製作費の10-20%(製作費が安いと管理費が高くなったりする) とまちまちです。実際何もしなくても、それだけ お金が取られます。実はWEB制作者はそれで大きな利益を上げています。 5万円のダメサイトも月額管理費(10000円)で5年で60万円近くなります。 サポートも完全に保障されているわけではありません。

解決策

納得いく管理費をWEB制作者に提示させ、それを実際にやっているかどうか レポートを定期的に提出させることが必要です。しかし、そもそもやっていない ことに料金を支払う必要があるのでしょうか?

だからあなたには、当方を選ぶ合理的な理由があります

格安・プロフェッショナル:
当方は長く、下請けの下請けとして多種多様なアーキテクチャとプログラム言語とデザイン技法を習得し、なおかつ、心理学も修士をとり、常に定期的に心理学論文をチェックしています。 そこはまさにWEB制作のヒントになる宝庫です。
つまり、幅広い知識を持ったフリーランスとして、当方はグラフィックからAPACHEの設定、さらにデータベースを使ったシステムの開発と、ほとんど一人でWEBサイトを構築でき、無駄なコストがなく、の格安でプロフェッショナルなサイトをあなたに提供することができます。
WEBシステム:
さらに、当方はデータベースや異種間ネットワーク通信の豊富な経験はもちろんのこと、すでにフレームワークの下、様々なライブラリを持っており、安くかつ高度なシステムを提供できます
高度なウェブサービスがあなたの手の届くところにあります。
集客力:
集客ではSEO対策を取る一方、スタンフォード大学のクレディビリティ調査や ニールセンのユーザービリティ調査を元に、(心理学やデザインの知識と併せて)、 コンバージョン対策をとりながら、検索サイトからのチャンス(訪問者のクリック)を 生かすための施策をとることができます。
ドキュメント:
ドキュメントに関しては、当方は必ず、契約前に上記の文書を必ず無料で提出します。
家を購入する時モデルルームが必要なように、メインページや実装される機能は全て契約を検討される前に明らかになります。
サポート:
当方はサポートを重要視しています。管理費との関係について説明しましょう。 管理費そのものは実際にかかる定期的な必要経費(サーバー費用等)があり、 また修正・トラブルに速やかに対応するために必要です。
しかし、当方は管理費を積立金として保管し、費用が余った場合は毎年返却することにしています。 こうすることで、いやでもフォローアップやメンテナンスを真剣にすることになります。
そして、当方からの修正や必要経費は必ず事前に連絡し、その上で了解を得た後、行うことになります。
さらに、お客様から追加ページやシステムのオーダー等があった場合は、新規にお金を請求せず、 まず積立金から割り当てることになります。

このように当方には、あなたが仕事を依頼する合理的な理由があります。
.
オンライン相談(無料)

WEBデザイン関連リンク

WEBデザインの必須技術

WEBデザインの必須技術

WEBシステム関連リンク

WEBシステムの必須技術

WEBシステムの必須技術

Valid HTML 4.01 Strict