ビジネス・企業・専門職向けWEB制作・システム開発

ユーザービリティとは

WEB制作で実現すべき、重要な項目の一つで 使い勝手の良さ、効率の良さ、満足の高さ 等の度合いで、ユーザービリティが高いほどWEBの目的である コンバージョン率が 高くなります。

もっとわかりやすく言うと?

  • 全体的に内容がスムーズに理解できる。
  • テキストが理解しやすい。
  • 画像や動画が適切で、印象深い
  • フォームが入力しやすく動作がスムーズ
  • どこにどんなリソースがあるかわかりやすい等
こうした、効果を実現するためにさまざまなテクニックがあります。

具体的には?

ユーザービリティを向上させるには多くの方法があり、テキストやフォームから画像まで、多種多彩です。 ほんのいくつかを例としてあげるなら、
  • サイトの最重要タスクを強調する
  • ワンセンテンスのタグラインを入れる
  • キーワードを強調する
  • 逆ピラミッド型の文体
  • 入力フォームの強調
  • 1段落1アイデア等々・・・・

あなた(WEB制作者)は何をするの?

ユーザービリティはコンバージョンを上げるための重要な要素です。
当方はNielsen Norman Groupの研究を始め、さまざまなユーザービリティの調査や研究をもと、70項目以上のユーザービリティ向上チェックリストを用意し、それを元に、設計段階から制作まで、ユーザービリティをチェックします。
そして、スキーマ設計のもとで、テキスト効果ビジュアル効果機能性の技術を駆使しながら、ユーザービリティを上げる作業をします。

ツアー会社HappyTourUASの例:
ユーザービリティの設計の有無の違いは歴然と表れる

ユーザービリティ設計する前のバージョン

ユーザービリティ設計する前のバージョン

当方がユーザービリティ設計をした後のバージョン

ユーザービリティ設計した後のバージョン

あなたには当方を選ぶ合理的な理由があります。

WEBデザイン関連リンク

WEBデザインの必須技術

WEBデザインの必須技術

Valid HTML 4.01 Strict